教育・研究
Education

公認心理師試験の証明書の発行について

公認心理師試験の経過措置(附則第2条第1号及び第2号)によって受験するためには、大学院における履修科目が、公認心理師法附則第2条第1項第1号から第4号までに規定される「公認心理師になるために必要な科目(以下「必要な科目」)」と対応し、かつ所定の受験資格条件を満たしている必要があり、大学により確認・判断することになっています。ご自身の履修科目が受験資格条件を満たすか否かについては、ご自身の入学年度に該当する添付ファイルを確認してください。

上記で受験資格を満たしていることを確認した方及び、平成12年度以前に入学された方で、「公認心理師試験受験資格科目確認書」の発行を受け受験資格を満たした方は、別紙、「申請書」にて 「修了証明書・科目履修証明書」を申請してください。 平成12年度以前に入学された方で「公認心理師試験受験資格科目確認書」の発行を受けていない方は、公認心理師試験受験資格科目に関する確認を行う必要がありますので、「申請書」にて確認及び証明書の申請を行ってください。 なお、平成4年3月以前に修了した方については、「必要な科目」のうち、必要な科目として定められているⅠ~Ⅲの科目のうち、ⅡまたはⅢに該当する科目がないため読みかえができない可能性があります。ただし、在籍年数が3年以上の方などについては、該当科目を履修している可能性がありますので該当される方は、「申請書」にて確認及び証明書の申請を行ってください。

お問い合わせ先
担当 横浜国立大学教育学系大学院係
メールアドレス edu.daigakuin★ynu.ac.jp

※ メールアドレスは「★」記号を「@」に置き換えて送信ください。

PAGE TOP