教育・研究
Education

履修基準・履修方法等

履修基準

授業科目は、研究科専攻共通科目・コース専門科目に区分される。
修了要件を満たすためには、次の表の最低単位数を満たし、合計30単位以上修得する必要がある。

授業科目 最低単位数
専攻共通科目 「教育支援デザイン」 4単位必修(通年)
コース専門科目 心理支援コース 臨床研究に関する科目群
臨床実践の基礎に関する科目群
臨床実践科目群
必修科目4単位
22単位選択履修【注※】
日本語教育コース 日本語教育の実践と研究の統合科目群
総合研究科目群
日本語教育の内容と開発科目群
教育支援に関する心理科目群
必修科目8単位
18単位選択履修
合  計 30単位

【注※】心理支援コースに関しては、資格取得に関する定められた科目から選択必修。

履修方法

学生は原則として、所属するコースの授業科目を履修すること。
授業は月~金曜日の1~7時限、及び土曜日あるいは長期休業期間には集中講義として開講される。専攻共通科目「教育支援デザイン」は、科目の性質上、必ずしも大学における固定的な授業形態を取らない。

時限 月~金曜日 土曜日・休業期間等
8時50分~10時20分 集中講義
10時30分~12時00分
13時00分~14時30分
14時40分~16時10分
16時15分~17時45分
17時50分~19時20分
19時25分~20時55分

成績評価及び成績の確認

<成績評価の基準>

学業成績は、試験の成績、レポートなどを考慮して決定される。本学では授業の成績評価に5段階の成績評価グレード(秀、優、良、可、不可)を用い、「可」以上を修得すると所定の単位が与えられる。授業における成績評価は、履修目標、到達目標に準じて行われ、履修目標、到達目標と成績グレードの関係は以下に示す「成績評価の基準表」で表される。ただし、5段階の成績グレードで評価し難い授業科目については「合格」「不合格」で表し、「合格」を修得すると所定の単位が与えられる。

<成績評価の発表及び確認>

成績評価の結果は,春学期開講科目については10月初旬に、秋学期・通年開講科目については,翌年度の始めに個別成績表により発表する。                          教育学研究科で開講している授業科目の成績評価に関して、以下①~③に該当する場合は、講義担当教員へ成績確認を願い出ることができる。

①成績の誤記入等、明らかに担当教員の誤りであると思われる場合               ②シラバス等により周知している成績評価方法に照合し、明らかに成績評価に疑義があると思われる場合                                           ③その他(具体的な理由がある場合)

成績確認を願い出る学生は、該当する授業科目の成績が発表された日から原則1週間以内に、大学院係窓口配布の「履修科目成績確認表」を大学院係へ提出すること。               ※「履修科目成績確認表」提出時は学生証で本人確認を行い受領します。

<注意事項>                                                                                 ・成績発表から1週間を過ぎた申し出は、一切受け付けません。                   ・教育学部開講科目、他学府開講科目については、教育学部、開講学府の定めにしたがうこと。

 

PAGE TOP